ウーマン

需要が増加しています

施術を受けるウーマン

エイジングケアの一つとして、美容皮膚科を利用する女性が近年増加傾向です。日常のスキンケアだけでは足りない部分を補って治療してくれるため人気です。クリニックを選択する際には、信頼のおける医師がいるところを探すとよいでしょう。

View Detail

安全に老化の予防ができる

整形

注射器で直接ヒアルロン酸を皮下組織に注入する方法が、ヒアルロン酸注射の施術内容です。ヒアルロン酸は顔のシワやアンチエイジング効果を得られる成分として、広く知られています。美容整形外科の施術で使われているヒアルロン酸には、中国製や韓国製もあるので、しっかりと確認することが重要です。

View Detail

でこぼこ肌をきれいにする

女性

ターンオーバーによる改善

ニキビは皮膚が炎症した状態を言いますが、ひどくなると皮膚の奥深くまで炎症が起きてしまいます。そうなると、皮膚の真皮にあるコラーゲン組織が破壊され、くぼみが残ります。このニキビ跡をクレーターと言い、元の平らな状態に戻すのは簡単ではありません。クレーターにもいろいろな状態があり、クレーターが深かったり幅が広かったりします。このようなニキビ跡を改善していくには,肌のターンオーバーを促すことが重要です。皮膚はターンオーバーによって、新しい組織が生まれてきます。皮膚の表面はターンオーバーの繰り返しで新しい皮膚に生まれ変われるため、クレーターも徐々に目立たなくなります。ニキビ跡の治療は、美容外科や美容皮膚科などのクリニックで行われています。ニキビ跡の治療にもさまざまな方法が行われているので、その特徴を把握して選んでいくようにしましょう。

治療内容について

クリニックで行われている治療は、レーザー治療、ピーリング治療などがあります。どれも基本は肌のターンオーバーを促す内容となり、基本的に状態がよくなるまで繰り返し受けていかなければいけません。レーザー治療では、クレーターをレーザーで照射していき、古い角質を排除していきます。レーザーによる痛みはほとんどありませんが、人によっては輪ゴムではじくような刺激と言われています。ピーリング治療では、液剤をクレーターが目立つ表面に塗っていき、しばらくおいてから洗い流します。これも同じく古い角質を除去していく方法となり、少しヒリヒリする感触が残るぐらいです。以上のような治療以外でも、クレーターに直接細胞を増殖させる組織を注射していく方法もあります。注射した部分がコラーゲンの生成でふっくらとしてくるので、クレーターが目立たなくなります。似たような治療にフォトフェイシャルがあり、これは光をクレーターに当てることでコラーゲンの生成を促す内容となります。クリニックによって治療の種類も異なってくるので、事前に調べておく必要があります。

イオン導入による美肌治療

レディー

心斎橋の美容外科で、ビタミンイオン導入の施術を受けると、シミやくすみなどの色素沈着を解消することができます。ビタミンイオン導入は、超音波導入やフォトフェイシャルを併用することができ、美白効果をさらに高められます。

View Detail